お知らせ

ミライラボ:NMNの摂取による高齢者の運動能力・聴力改善法の早期確立を目指す

~ミライラボバイオサイエンス株式会社が東京大学との共同研究として、高用量のNMNを長期間摂取する特定臨床研究を開始~

当クリニックに対してメディカルサポートを行っているミライラボバイオサイエンス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:田中 めぐみ)は、国立大学法人東京大学(医学部附属病院 糖尿病・代謝内科 山内 敏正 教授、五十嵐 正樹 講師ら)と共同で、高齢者を対象にした高用量ニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)の加齢に与える影響に関する特定臨床研究を開始しました

本研究によって、加齢に伴う運動能力と聴力の低下にNMN経口摂取が与える影響を、より深く検討することが可能になると考えられます。その成果には、加齢性難聴、サルコペニア等の予防・治療法開発の加速による、健康寿命延伸への貢献が期待されます。

プレスリリースはこちら

関連記事